ICTを活用する介護の現場

転職前に知っておくべき介護業界の現状について

PICK UP
  • 今後のキャリアパスを確認 今後のキャリアパスを確認

    介護業界ではキャリアパスを明確にするための法改正がおこなわれました。上位の資格を取得することで、介護の現場のリーダーとしてサービスに従事し、将来的には新規事業を開くことも可能です。介護業界のキャリアパスについて紹介します。

  • 人手不足問題への対策 人手不足問題への対策

    高齢化が進むことが予想される日本において職員不足は大きな課題です。政府もさまざまな対策を講じています。その中のひとつ、介護ロボットの導入は職員の負担を軽減し、働きやすい職場作りの実現や介護の質を高めることができるといわれています。

まずは介護業界の現状を知る

高齢化がすすむ日本では、介護業界が注目されています。ここでは、注目されている介護業界の現状について紹介しています。介護業界は、労働人口の減少からくる深刻な人手不足が大きな課題となっています。人手不足の解決策として、「ICT」導入がすすめられています。「ICT」導入をすすめることで、介護業界の課題解決につながります。介護業界は、未経験者でも転職可能な業界です。当サイトで介護業界の現状を知り、転職に役立てましょう。

  • 深刻な人手不足が続く

    深刻な人手不足が続く

    介護職員が慢性的に不足している背景には、高齢化による要介護者の急増が大きく影響しています。2025年には、およそ38万人もの人手不足に陥る統計もあり、その不安は年々広がってきています。イメージを改善するためには、実際に働いている職員に対する賃金などの待遇面を改善させることも重要になってきます。介護職員に相応な評価を与えることで、依然として続いている高い離職率を食い止めることにも繋がっていくことでしょう。

    続きへ

  • 人手不足問題への対策

    人手不足問題への対策

    介護業界の人手不足問題は今、政府の介入により改善を図っている最中です。来たる2020年を目途に十分な介護職員を確保するためにも、政府は「離職人材の呼び戻し」や「新規参入の促進」「介護職への定着率」を目標に掲げています。また、各事業所でおこなっている介護職員の人手不足対策についても、あわせて紹介していきます。政府と事業所、双方から取り組む対策は、一体どのような結果をもたらすのか今後の介護業界に注目してみましょう。

    続きへ

  • 未経験でも働ける環境が整っている

    未経験でも働ける環境が整っている

    未経験でも介護業界への転職は、比較的歓迎されやすいのが特徴です。また、働く場所もさまざまで、未経験でも働く場所を自分が選択できる時代になってきました。しかし、介護業務には資格が必要な部分もあり、実際に転職した後は不安に感じることもあるでしょう。ここでは、転職前に確認しておきたい、介護業界で必要なスキルを紹介します。やる気さえあれば資格や経験がなくても、介護業界にチャレンジすることは可能です。「ICT」導入により注目される介護業界に、ぜひ挑戦してみましょう。

    続きへ

この記事が読まれている!

  • 大切なのは仕事の探し方

    ニーズが高まる介護業界で大切なのは、自分にあった条件で仕事を探すことです。「ICT」を活用する介護職だからこそ、転職時期を見極めなければなりません。転職エージェントをチェックして、注目が集まる介護業界へぜひ転職してみましょう。

    …続きはこちら

  • ICT導入によるメリットとは

    今回は、「ICT」導入による、介護業界のメリットを紹介します。この情報伝達技術は、現場でのさまざまな業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、まだ一般的な普及には課題も多く残るのが現状です。

    …続きはこちら