ICTを活用する介護の現場

「ICT」を活用した介護業界のキャリアパスとは

PICK UP
  • 今後のキャリアパスを確認 今後のキャリアパスを確認

    介護業界ではキャリアパスを明確にするための法改正がおこなわれました。上位の資格を取得することで、介護の現場のリーダーとしてサービスに従事し、将来的には新規事業を開くことも可能です。介護業界のキャリアパスについて紹介します。

  • 人手不足問題への対策 人手不足問題への対策

    高齢化が進むことが予想される日本において職員不足は大きな課題です。政府もさまざまな対策を講じています。その中のひとつ、介護ロボットの導入は職員の負担を軽減し、働きやすい職場作りの実現や介護の質を高めることができるといわれています。

今後のキャリアパスを確認

キャリアパスとは

「ICT」導入がすすむ介護の仕事に限らず、あらゆる職業において、どのようなスキルを身につけ、どのような経験を積むとキャリアアップできるのか、その道筋を分かりやすく示したものをキャリアパスといいます。
介護業界では2013年4月より、これまでの資格から介護職員初任者研修へと改め、介護業界で生涯働き続けるための道筋、キャリアパスをより明確にするための大幅な法改正がおこなわれました。「ICT」を活用した介護業務が未経験の人でも、すでに「ICT」を活用した介護業務に携わっている人も、今後の介護業界の働き方や目標などを知り、チャレンジしていくことはとても大切なことです。

上位の資格取得を目指す

介護の仕事は、より上位の資格取得に向けてチャレンジすることで、自身の能力を高め、資格手当のある給与を得ることができます。初任者研修を修了した後は、実務者研修にチャレンジしてみましょう。この実務者研修を修了すると、介護の現場で専門知識を有したリーダーとして、介護サービスに従事することができます。具体的には、利用者さんへのサービスの提供、ヘルパーのまとめ役やスケジュール管理をおこないます。さらに上位の資格である介護福祉士の資格を取得するためには、実務者研修を修了していることが条件となります。介護福祉士は国家資格であり、介護のスペシャリストであるため、介護の仕事につく人の中にはこの資格へのチャレンジを最終目標に掲げる人も少なくはありません。介護福祉士はサービスの提供はもちろん、職員への指導や助言、事業者と利用者さんとの信頼関係づくりなど、責任ある仕事が多く、とてもやりがいのある仕事です。
また、介護支援専門員、いわゆるケアマネジャーという資格もあります。ケアマネジャーは利用者さんのケアプランを作成します。介護福祉士とは異なり、直接サービスを提供するというよりは、サービスの提供プランを考えて、実行し改善していく役割を担っています。

介護事業を開く

介護の仕事のキャリアパスとして、ある程度の経験を積んだら、自ら介護事業所を開設することも考えられます。少子高齢化社会である現在、介護事業所へのニーズは年々増加しています。「ICT」を活用した介護の仕事には注目が高まっています。「ICT」を活用した新規事業を立ち上げ、チャレンジしていくのもよいでしょう。また、既存の介護事業所を引継ぐということもできます。どちらにしても、施設長などの立場に近いところでリーダーとしての経験を積み、チャンスをつかむことが大切です。

この記事が読まれている!

  • 大切なのは仕事の探し方

    ニーズが高まる介護業界で大切なのは、自分にあった条件で仕事を探すことです。「ICT」を活用する介護職だからこそ、転職時期を見極めなければなりません。転職エージェントをチェックして、注目が集まる介護業界へぜひ転職してみましょう。

    …続きはこちら

  • ICT導入によるメリットとは

    今回は、「ICT」導入による、介護業界のメリットを紹介します。この情報伝達技術は、現場でのさまざまな業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、まだ一般的な普及には課題も多く残るのが現状です。

    …続きはこちら