ICTを活用する介護の現場

介護業界に転職する前に資格取得にチャレンジ

PICK UP
  • 今後のキャリアパスを確認 今後のキャリアパスを確認

    介護業界ではキャリアパスを明確にするための法改正がおこなわれました。上位の資格を取得することで、介護の現場のリーダーとしてサービスに従事し、将来的には新規事業を開くことも可能です。介護業界のキャリアパスについて紹介します。

  • 人手不足問題への対策 人手不足問題への対策

    高齢化が進むことが予想される日本において職員不足は大きな課題です。政府もさまざまな対策を講じています。その中のひとつ、介護ロボットの導入は職員の負担を軽減し、働きやすい職場作りの実現や介護の質を高めることができるといわれています。

最初に取得しておきたい資格

取得すべき介護の資格

2025年の日本は、ついに団塊世代が75歳以上になり超高齢化社会へと近づきます。2025年には、230万人から250万人もの介護職員が必要になります。現在、介護職員の人材確保は難しいと予想されています。しかし、介護業界を求人事情からみると、引く手あまたの売手市場になるメリットもあります。
介護の資格を取得していれば、よりよい条件で転職が可能になるでしょう。特に「介護職員初任者研修」の資格保有者は、初心者向けの資格でありながら転職時には一目置かれる資格です。今回は、転職にも有利に働く「介護職員初任者研修」の資格内容とメリットなどを紹介していきます。

「介護職員初任者研修」とは

介護職は、「生活援助」と「身体介護」の2種類があり、訪問介護の場や老人ホームなどの場でおこなわれます。この中で、特に注意が必要なのは「身体介護」です。身体介護をおこなうには、介護資格が必要になります。介護の資格には、国家資格から初心者向けの簡単なものまであります。転職までの期間を逆算し、計画的に資格取得にとり組みましょう。
今回紹介する「介護職員初任者研修」は、約3カ月で取得可能な資格で、介護業界の基本となる入門資格です。ここでは、介護技術や理念を中心に学びます。この資格は、旧ヘルパー2級相当の資格となり、研修修了後の試験に合格すれば取得完了となります。

資格取得にチャレンジするメリット

介護の資格を取得するメリットは多くあります。転職した際、資格を取得しているだけで、資格手当や給料アップなどが期待できます。例えば「介護職員初任者研修」の資格保持者であれば、介護現場でも多くの人に信頼され、転職後も仕事の幅が広がります。一般的な資格の中には、大学や専門学校卒業者でなければ受験が難しいものもありますが、未経験でも取得可能なものもあります。
資格取得方法は、ライフスタイルに準じた受講方法があるため、現在働いている人や主婦にもおすすめです。資格取得の勉強をすることで、介護業務もしやすくなるメリットがあります。資格取得の勉強では、身体のしくみや基本的な医療知識なども学ぶことができます。介護業界でキャリアアップを目指す人にとっても、「介護職員初任者研修」の取得はメリットがあります。「介護職員初任者研修」取得後は、「実務者研修」「介護福祉士」の受験資格が与えられます。今後介護業界は、「ICT」導入で、介護業務が変化するでしょう。その際も、資格を取得していれば、現場の変化に柔軟に対応できます。今できることからスタートさせ、介護業界にチャレンジしましょう。

この記事が読まれている!

  • 大切なのは仕事の探し方

    ニーズが高まる介護業界で大切なのは、自分にあった条件で仕事を探すことです。「ICT」を活用する介護職だからこそ、転職時期を見極めなければなりません。転職エージェントをチェックして、注目が集まる介護業界へぜひ転職してみましょう。

    …続きはこちら

  • ICT導入によるメリットとは

    今回は、「ICT」導入による、介護業界のメリットを紹介します。この情報伝達技術は、現場でのさまざまな業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、まだ一般的な普及には課題も多く残るのが現状です。

    …続きはこちら