ICTを活用する介護の現場

介護業界を革新!「ICT」導入によって変わる介護現場

PICK UP
  • 今後のキャリアパスを確認 今後のキャリアパスを確認

    介護業界ではキャリアパスを明確にするための法改正がおこなわれました。上位の資格を取得することで、介護の現場のリーダーとしてサービスに従事し、将来的には新規事業を開くことも可能です。介護業界のキャリアパスについて紹介します。

  • 人手不足問題への対策 人手不足問題への対策

    高齢化が進むことが予想される日本において職員不足は大きな課題です。政府もさまざまな対策を講じています。その中のひとつ、介護ロボットの導入は職員の負担を軽減し、働きやすい職場作りの実現や介護の質を高めることができるといわれています。

ICT導入によってなにが変わるのか

「ICT」の導入により、介護業務が効率よくすすめられることを期待されています。介護の現場で「ICT」を活用できれば、利用者さんや働く職員にとっても非常によい影響があると考えられます。今回は、この「ICT」を活用することで生まれるメリットについてまとめていきます。また、導入にあたっての課題や注意点などもチェックしていきます。今後、さらにすすむ高齢化によって改定される「介護報酬改定」についても詳しく紹介していきます。

  • ICT導入によるメリットとは

    ICT導入によるメリットとは

    「ICT」導入による、介護業界のメリットをここでとり上げていきます。この情報伝達技術は、現場での業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、一般的な普及には課題も多く残るのが現実です。今後は各事業所が「ICT」導入の価値観を擦りあわせていく部分に注目が集まるところです。また、おすすめしたい「ICT」の活用方法も紹介します。介護業務の負担軽減にもつながるなどのメリットを確認していきましょう。

    続きへ

  • 課題や注意点もチェック

    課題や注意点もチェック

    「ICT」導入には、課題と注意点がいくつかあります。導入にあたってのメリットやデメリットを、ここで紹介したいと思います。業務効率化を重視させるには、導入コストや維持費など、事業所は多くの負担を考慮しなくてはいけません。また、事業所で働く年齢層にも注意しながら、全員が活用できるように配慮が必要です。もちろん対面式の介護も重要ですが、時代と共に変わる介護業務を把握する必要があります。介護職員が安心して「ICT」を活用できるように、課題をクリアしていきましょう。

    続きへ

  • 注目の集まる2018年の介護報酬改定

    注目の集まる2018年の介護報酬改定

    2018年におこなわれる「介護報酬改定」について紹介します。「ICT」導入がなされている今、この改定によって、介護現場ではどのような変化が起きるのでしょうか。3年ぶりの改定では、社会保障費の削減や事業所の利益率が注目されています。また介護職員の処遇改善や介護ロボットの導入により、介護業界は変化します。「ICT」を導入することがよい影響ばかりではないと喚起する声もあがっていますが、介護報酬が改定されることで介護職員の業務負担を軽減することが期待されています。

    続きへ

この記事が読まれている!

  • 大切なのは仕事の探し方

    ニーズが高まる介護業界で大切なのは、自分にあった条件で仕事を探すことです。「ICT」を活用する介護職だからこそ、転職時期を見極めなければなりません。転職エージェントをチェックして、注目が集まる介護業界へぜひ転職してみましょう。

    …続きはこちら

  • ICT導入によるメリットとは

    今回は、「ICT」導入による、介護業界のメリットを紹介します。この情報伝達技術は、現場でのさまざまな業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、まだ一般的な普及には課題も多く残るのが現状です。

    …続きはこちら