ICTを活用する介護の現場

介護業界に「ICT」を導入することで生まれるメリットとは

PICK UP
  • 今後のキャリアパスを確認 今後のキャリアパスを確認

    介護業界ではキャリアパスを明確にするための法改正がおこなわれました。上位の資格を取得することで、介護の現場のリーダーとしてサービスに従事し、将来的には新規事業を開くことも可能です。介護業界のキャリアパスについて紹介します。

  • 人手不足問題への対策 人手不足問題への対策

    高齢化が進むことが予想される日本において職員不足は大きな課題です。政府もさまざまな対策を講じています。その中のひとつ、介護ロボットの導入は職員の負担を軽減し、働きやすい職場作りの実現や介護の質を高めることができるといわれています。

ICT導入によるメリットとは

「ICT」とは

「ICT」とは情報伝達技術のことで、コンピュータとコミュニケーションによって物事をすすめる技術です。「ICT」はパソコンやスマートフォン、タブレット端末が普及し一般的に知られるようになりました。しかし、この意味を正確に理解できているかといわれると自信がない人も多いでしょう。
介護業界に「ICT」を導入することによって、業務負担が軽くなる方向に変わるならば、多くの問題を解決できる可能性があります。ここで「ICT」が介護業界に役立つメリットを詳しく紹介します。

どのような場面で「ICT」を活用したらよいか

介護の現場では、業務改善するべき点がいくつもあります。介護職員がしなければならない事務作業も、業務改善を求められる部分です。介護職員の事務作業は、人員不足により時間がさけず、負担の大きい作業となりました。介護以外のさまざまな業務は、業務に適した職員により管理していくべきです。介護記録や保険請求書などの作成は、手間と時間がかかるため、残業して対応する職員も多くいます。事務作業での残業をなくすだけでも介護業界から離職する人は減り、よりよいサービスを提供できる環境になるはずです。
介護現場は基本的にはチームで動き、情報の共有と引継ぎが重要になります。この部分を「ICT」を活用して、代用すると業務改善につながるのではないでしょうか。

「ICT」活用による介護現場でのメリット

「ICT」は、利用者さんや介護職員の基本情報やスケジュール管理にも適しています。他にも介護ロボット、排泄予知システム、状態変化をリアルタイムに記録してくれます。このようなシステムを活用できれば、多職種との情報共有をする際にも有効に働きます。介護業界に「ICT」を導入することで業務が円滑になるメリットが生まれます。介護はチームでおこないますが、その中でもケアマネジャー、医師、看護師、リハビリテーションの職員などの連携にも適しています。
また地域全体で支えていく「地域包括ケアシステム」の推進には、迅速な医療や介護サービスが必要です。これには「ICT」の力が必須なのです。「ICT」を導入することで、利用者さんの状況をリアルタイムで把握することができれば、スムーズな情報共有を実現できます。「ICT」を活用することで介護記録においてもメリットがあります。「ICT」を導入すれば、訪問介護の記録をシステム上に残すことができます。システム上で記録を確認することが可能であれば、他の端末でも情報が閲覧可能で、時間や場所を選ばずに、情報共有できるというメリットが生まれます。

この記事が読まれている!

  • 大切なのは仕事の探し方

    ニーズが高まる介護業界で大切なのは、自分にあった条件で仕事を探すことです。「ICT」を活用する介護職だからこそ、転職時期を見極めなければなりません。転職エージェントをチェックして、注目が集まる介護業界へぜひ転職してみましょう。

    …続きはこちら

  • ICT導入によるメリットとは

    今回は、「ICT」導入による、介護業界のメリットを紹介します。この情報伝達技術は、現場でのさまざまな業務に活用でき、作業効率のアップが可能になります。しかし、まだ一般的な普及には課題も多く残るのが現状です。

    …続きはこちら